×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

武器庫>ファルシオン

重量のある豪快な剣 ファルシオン

ファルシオン

※イメージ画は史料ではなく、誇張や想像が含まれた「イラスト」です。

12〜13世紀にかけて使われていた峰は真っ直ぐの片刃の直刀。(緩やかに湾曲した曲刀もある)
地域によってフォールションとかフォールチョンと呼ばれる曲刀です。
この頃ヨーロッパでは曲刀は作られていませんでした。
作られる様になるのは、十字軍遠征でシャムシールの威力を見て驚いた騎士達が作らせたサーベル以降で、14世紀頃以降になります。
それで中東の武器であるという説があり、自分自身もそうだと思い込んでいたんですが、この剣どうやら北欧の武器であるらしい。
というのも、ファルシオンは曲刀に見られる「なで斬る」という扱い方では無く、「叩き切る」というヨーロッパ圏内によく見られる、板金鎧の厚い装甲に対抗する為の武器なんです。
数少ない西欧の曲刀であると言えますね。
全長は70〜80cmと小振りなんですが、身幅が3〜4cmと非常に厚い。
重さは2kgくらいあり、鈍器の様に鎧の上からでも衝撃を与えられる様に作られた豪快な武器です。
スクラマサクスを分厚くしたという説の方が有力です。

 

<<ティルフィング

武器庫トップ

ショートソード&ロングソード>>

 
ツヴァイハンダー  オンラインゲーム・プラス 無料MMORPG LINK